Julie Asselinの糸で編むオススメパターン

August 06, 2019

Julie Asselinの糸で編むオススメパターン

カナダで2011年から毛糸を手染めしているブランド(amirisuと同い年!)。Julieとはイベントなどで何度も顔を合わせたり、たまに電話で話したり、毛糸業界で本音で話せる友人の一人です。とっても明るくて、夫婦仲良くて(会社も2人で始めたのだとか)、素敵な女性。
彼女が生みだす美しい、ちょっとシックな色たちは、見ていても編んでいても本当に飽きることがありません。身につけるのにぴったりの、絶妙な色ばかりです。
今回はamirisuがお店を始めた頃から時々扱っているLeizu DK、18号のMioでもおなじみの高級糸Fino、Julieオススメの万能ソックヤーンNomad、素朴なツイード糸Nurtured、そして予約限定のレース糸Merlettoを予約受付しています。
それぞれの糸について、オススメのパターンを紹介します。 

 

Leizu DKのオススメパターン

260ヤード(238m) / 約115g
90% Wool - Merino、10% Silk

Guthrie 
Leizu DKだけ、またはLeizu DKとSpincycleのDyed in the Woolで編みます。
紺シルバーバージョンはMC (Midnight Oil) : 4~5カセ、CC (Birch): 2~3カセです。
ゴールドバージョン (上写真)は
C1: Julie Asselin Leizu DK in Ale (gold)
C2: Spincycle Dyed in the Wool in Rusted Rainbow

 

 

Campside
なんとフリーパターンのこのショール。アイレットの間隔がだんだんと裾に向かって細かくなっていく、素敵なデザインです。ずっと前から編みたいなと思っていたデザイン。3~4カセです。

 

 

Campside Drop
上記Campsideショールのデザインをウェアにも展開した、ドロップショルダーのプルオーバーです。手染めならではの揺らぎが活きるデザインだと思います。4~5カセくらいです。

 

 

Mezcal
弾力のある糸なので、こんな模様編みのカーディガンも素敵。秋らしい色で編むと、気分も盛り上がりますね。5~7カセです。

 

Finoのオススメパターン

100gあたり400ヤード (366m)

75% Wool - Merino
15% Goat - Cashmere goat
10% Silk

 

Waiting for Rain
BirchやBiscottiなど、薄めのニュアンスのある色で編んだら素敵だろうなと思います。Finoはカシミアやシルクが入っているので、ドレープのある柔らかい仕上がりになりますよ。2カセです。

 

 

Ranunculus
Finoはこのセーターにぴったり、柔らかさが活きるデザインです。2~3カセです。

 

 

Mio
もちろん、18号のMioも。2~4カセで、サンプル色はKeep Meです。

 

 

Jasmine
肩から袖にかけてレース模様が繋がる、ドロップショルダーのプルオーバー。Finoが指定糸となっています。セミソリッドで編むのがちょうど良さそうなデザインですね。3~5カセとなっています。

 

 

Bien Aimee

https://www.ravelry.com/patterns/library/bien-aimee

久しぶりにちょっと凝ったショールが編みたくなったら、こんなアンティークっぽいレースショールはいかがでしょうか。最初から最後まで飽きることなく編めそうな、盛りだくさんのショールです。デザインはLa Bien Aimeeでダイヤーも務める日系人のHirokoさん。2カセです。

 

 

Nurturedのオススメパターン

130 ヤード(119 m) / 約57g
100%ウール
Julie Asselinらしいかわいい色の入ったツイード糸です。

 

Nurtured
ワンピースに合わせるのにぴったりな、クロップ丈のセーター。サンプル色はCourtepointeで、8~12カセです。

 

 

Amberle
MC 4カセ、CC 3カセで編む、大判のショール。模様編みですが、全体が同じ模様の繰り返しなので、一度覚えてしまえば編みやすいと思います。

 

 

Hortense
ケーブル編みセーターなら、これが可愛い。全体を覆い尽くすテクスチャ、変わり模様のケーブル、楽しい要素いっぱいです。11~15カセくらい、サンプル色はHomme Fortですが、現在は廃盤なので一番近い色はPoemeでしょうか。